写真集「大輪の小箱」

表紙

花火と言って皆さんが思い浮かべるイメージは様々だと思いますが、夜空を覆い尽くさんとするばかりの無数の花火が一斉に花開いた時の音や光の華やかさを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

それはもちろん花火の魅力の1つではありますが、一発一発打ち上がる花火に目を向けてみると、個々の花火が織り成す変幻自在の輝きや繊細な仕掛けといった花火師の匠の技、刹那の輝きや打ち上がり後の余韻といった侘び寂び、そうしたものもまた花火の魅力の1つです。

今回はこうした一発の花火玉が織り成す様々な「大輪」を、「小箱」に見立てた正方形サイズの冊子に詰め込みました。

更に、今回特集したような花火を見ることが出来るオススメの花火大会を紹介したコラムを2P書きました。自分もこの目で見てみたい、という際の参考になれば幸いです。

B5正方形サイズ、20P。
コミックマーケット91(C91)、及びこみっくトレジャー29(CT29)で頒布します。
COMIC ZINさんで委託販売もしています。通販ページはこちら

収録した写真の一部を紹介します(クリックで拡大出来ます)。
日本の花〜侘寂(わびさび)〜(全国新作花火競技大会)
「時空を越えて 千年の光」より(桑名水郷花火大会)
匠〜七変化之華〜(全国新作花火競技大会)